どみなんとの備忘録

ゴリラのじゆうちょうです

【翻訳記事】アタルカレッド入門(オマケ)

 前編後編に続いてアタルカレッド入門の翻訳です。今回は各マッチアップとサイドボーディングの解説を翻訳します。考えなしに前編、後編ってタイトルにしてしまったからオマケとかいう情けないタイトルに......

 

 

マッチアップとサイドボーディングのガイド

 全てのマッチアップに対してのサイドボーディングプラン、相性の良さを書いた。しかし、あくまでもガイドラインとして参考に留めて欲しい。基本的に私が調整したタイプのデッキを基にしているし、同じアーキタイプでもバージョンや、サイドボードにどれだけ枠を割いているか、そして先攻後攻によっても大きく変わるからだ。

 

対アタルカレッド(互角)

 バーンスペルで焼き殺される事はあまり恐れなくて良い。むしろパンプスペルによるコンボを気をつけるべきだ。墓地の枚数によく気をつけて強大化とティムールの激闘を同時に使うことが出来るかどうかを把握しておくべきだ。探査のコストのために先にティムールの激闘を打つことが出来るという事に気をつけよう。この場合はトランプルが付与されない。もしマナや墓地の枚数の関係からコンボが出来そうな状態なら乱撃斬を取っておこう。持っていない時でもコンボを躊躇させるために赤マナを立てておくべきだ。

 

In

Out

 サイド後はインスタントタイミングでのバーンスペルにより多く直面することになる。わめき騒ぐマンドリルはコンボを通す助けになる。

 

ダークジェスカイ(不利)

 インスタントタイミングでの妨害(乱撃斬、焦熱の衝動、払拭、はじける破滅、ジェスカイの魔除け、コラガンの命令)が大量に入っているため、盤面にクリーチャーを残し、コンボを進めるのが難しい。相手の構築にもよるが基本的には良いマッチアップではない。

In

Out

 サイド後はアラシンの僧侶、正義のうねり、そして光輝の炎と対峙することが予想される。軽い妨害スペルが有るため、1:2交換されないようにパンプスペルをプレイするのは少し待った方が良い。使うなら除去されづらいカードに使うのをお勧めする。炎跡のフェニックスとわめき騒ぐマンドリルは除去されづらい。タシグルの入ったバージョンを相手にするなら乱撃斬ではなく焙り焼きを入れた方が良い。     

 

緑白系統(有利)

 全く同じというわけではないが、大変異もアブザンも同じに扱う。両方共同じようなサイズのクリーチャーを使い、ドロモカの命令を持っている。タイタンの力を餌にドロモカの命令を引き出し、強大化を使ってやればいい。他のプレイングとして、1ゲーム目、緑白黒を立ててターン回してきた相手に対して土地をセットせずに殴る事でマキンディの滑り駆けがアブザンの魔除けに引っかからないというものがある。

 

In

Out

 わめき騒ぐマンドリルは相手の包囲サイや死霧の猛禽に突っ込むだけになるためあまり良くない。正義のうねりやアラシンの僧侶、ランタンの斥候がサイド後には予想出来る。サイド後にはインスタントタイミングの除去を多く持っているということだ。しかし、包囲サイや風番いのロックもまた持っているため、相手はタップアウトする必要がある。そのため、コンボを決めるチャンスが有る。

 

エスパーコントロール(互角)

 遅いコントロールデッキというのは伝統的に赤単デッキにとって良いマッチアップだとされている。しかし、サイドボードで充分に準備をしていた場合は事情が違う。相手がアラシンの僧侶、正義のうねり、強迫や払拭を用意していた場合は不利なマッチアップとなる。

 

In

Out

 エスパーには様々なタイプが有る。悪魔の契約を入れたタイプ、竜王 オジュタイを入れたタイプ、ギデオンを入れたタイプ、そしてオジュタイの命令を入れたタイプ等である。そのため、詳しいサイドプランを提示することは難しいものであるが、しかし一般的に言えるのがコンボはあまり良くないという事だ。わめき騒ぐマンドリルも相手が衰滅を採用していたらそこまで強くはないが、抜いた分は何かを入れなければならないため入れるだろう。引き裂く流弾はジェイス、アラシンの僧侶、乱脈な気孔、そして竜王 オジュタイを落とせるため乱撃斬よりオススメだ。

 

まとめ

 私はまだアタルカレッドの完璧なバージョンが見つかっているとは考えていない。ヤビエル・ドミングース、ギルヘルム・メディロスが共に使った炎跡のフェニックス/わめき騒ぐマンドリルが入ったこの構築が私は好きだ。しかし、今週中にもポール・ヴィターがドラゴンの餌、軍族童の突発を入れた構築の解説をしてくれるだろう。赤緑上陸の方が良いようにも思えるが、私はまだマナフラッドを起こしやすいマナベースにまだ納得がいっていない。

 概して言えば、私のこの説明とポールの説明は、違う観点からの考えという事で理想的なデッキを作るにあたって助けとなるであろう。GPキュベックのコメンタリーブースでどんなスタンダード環境が私達を待ち構えているか楽しみにしている。